どもりの原因は、以下の通りでしょう。 ・環境 ・不安 ・ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか) どもりの原因として大きいのが、環境要因です。 子供の頃の育った環境によってどもりを患うケースが多く、特に自分のペースを乱されるような環境で育った子どもは、どもりになってしまいがちなといわれています。 つまり、両親の育て方が、どもりを発症させる原因の1つだと思ってください。 そのため、過度に厳しいしつけは控えた方がいいですね。 そして、自分はすぐにどもってしまうという不安によって、更に、症状を悪化させてしまうケースも珍しくありません。 頭の中が不安でいっぱいになってしまうと、喋ろうと思っていることを頭の中で整理できず、どもってしまいますよね。 特に早口の方はこのような傾向があるので、落ち着いて喋るように心がけてください。 また、幼少期のストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)によって、どもりを引き起こす場合もあります。 幼い時に恐ろしい事故を体験・目撃したり、環境の変化があった場合に、どもりを発症させることがあるといわれていますー